早起きは三文の徳と言うけれど・・・ 

1011唐松昇葉
「昇陽を受けて」 11月始め 早朝雲間から日射し 車山エリア?

宿泊先のマスターの案内でまだ暗い時刻に八島湿原へ。でも濃霧、暫らく待ったが晴れる見込み薄いとのことで移動。さすがはこの地に詳しいマスター。少しの移動でMt富士が遠方に見え、霧ゼロの地(自分は、地名?)。更に昇陽の時間帯で、状況が刻々と変化しワクワクしながら数分。でもここまででした。暫らくするとこの地も霧にスッポリ覆われてしまい止むなく宿へ戻り朝食。少し残念でしたが、良し、としなくては。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsuyan1945.blog107.fc2.com/tb.php/143-d45e67f1