大河の水は貴重な生活資源ですが 

1109桑名水郷
「長良川河口」 8月初旬 快晴 桑名市

真夏の最中、「水郷めぐり」に参加。桑名城跡の堀(一部は当時のままの石垣が残っている)をスタートに、話題になった(未だになっている)長良川河口堰を通り、船頭平(長良川、木曽川間の水門)を巡るもので、舟は屋根なしで暑かったけど川面をなでる風は心持ち良いものでした。大河の流れもこの様に穏やかであれば我々の暮らしに本当に有難いですが、今台風12号の様に大被害をもたらす脅威もあり複雑です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsuyan1945.blog107.fc2.com/tb.php/197-e77d0638