僅かに期待したのですが 

1210オホーツク
「オホーツクを望む」 ウトロ/夕陽台

10月2日、夕刻近くになって次第に雲が切れ始め、この分なら夕陽がオホーツクに沈む光景が見れるかも・・・と僅かな期待を持ってウトロ/夕陽台へ。既に三脚にカメラを備えた先客が数名陣取っていました。待つこと20分ほど。期待は次第に薄れ始め、ツアーなので一人残ることも出来ず、2,3毎シャッターを押してこの場を離れました。残念!。オホーツクに沈む太陽が”ジュジュジュー”と音を発するのをききたかったなぁ・・・

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsuyan1945.blog107.fc2.com/tb.php/290-8dcb4d18