鉄道写真 

1310JR
「秋を行く」 三重郡朝日町

実りの秋、この時期、稲穂が黄金色の田んぼと、既に刈り取りを終えた田んぼが入り混じっているのを目にします。自分が住む三重県北勢地方は多くが後者ですが、自分がガキ時代を過ごした地、岐阜県南濃地方はまだ多くが前者です。9月下旬、近くの田んぼ道をぶらり歩きしていて、まだ黄金色の田んぼと行き交うJR列車を眺め、ふと鉄道写真家、中井精也氏の作風が浮かび撮ってみました。自分の新たなジャンルに・・・えっ、とても無理?・・・だよね!


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsuyan1945.blog107.fc2.com/tb.php/354-b9588861