大山#3 

1712大山霧景
「大山霧景」 大山/鬼女台より

夕刻の様ですが早朝なんです。 更に早朝は一面、雲海でした。 徐々に霧は薄くなり麓が墨絵の様でした。

大山#2 

1712大山ブナ林
「ブナ林の主」 大山高原/大山町

大山の麓、大山町のブナ林は西日本では最大級のブナ林とのこと。 中で出会ったこの大木。樹齢は?ですがまだまだ主は譲れないとの雰囲気を醸し出していました。自分の人生もこうありたいもの・・・

始めて訪れた 大山 

1712鍵掛峠
「大山秋景」 大山高原/鍵掛峠

大山は初めて訪れました。 ここ鍵掛峠からの 大山秋風景 は大山撮影の定番の地らしいです。 これは1か月前11/1の秋模様です。 大山は眺める場所(方向)により 山の姿が全く別に見えるんですね。 ここからは 荒々しい山肌が特徴です。

上高地#3 

1711焼岳
「焼岳湖映」 上高地/大正池畔

またまた上高地写真。今度は焼岳の湖映です。焼岳のみでは味気ないので大正池の岸辺の木立をシルエットに絡ませてみました。
湖面の微かな揺れのお陰で焼岳に油絵調効果が出て、内心気に入ってます。でも一人よがりですね・・・

上高地#2 

1711田代池
「昇陽を受けて」 上高地/田代池

大正池の次は田代池が定番。 定番に従って 大正池での穂高撮影を終え田代池へ直行。 先客は居ましたが三脚設置には何とか間にあいました。 でも昇陽の陽はまだまだ後方、目的の被写体に陽があたり始めるのは1H後か、更に先か? の覚悟でいました。 ところが稜線の間から思わぬ早く陽があたり始め、大量の靄が!
この光景に感動して構図決めはそこそこに、とにかくシャッターを押してきました。 今になっての反省」は ”感動の光景も構図あってのこと”。 でもこの光景に出会えたことで満足です。